群馬県前橋市|鳶・土工のプロ集団。関東中心に展開しています。

  • HOME
  • 安全活動の報告

安全活動について

―――基本方針 ―――

自律的安全衛生管理活動を推し
安全衛生に対する個々の水準を向上させ
全社一体となって労働・公衆災害の撲滅を目指す

―――安全目標―――

労働災害・公衆災害 0
この方針の基、弊社では安全に対する意識向上に努めるよう、
年に一度の安全大会の開催・月に一度社内会議を行うなど様々な安全活動を実施しています。

災害防止実施対策

[1]墜落・転落災害の防止
  1) 鉄骨組立、足場架払等の墜落の恐れのある危険作業では安全帯の二丁掛け使用を徹底する
  2) 足場内や開口部手摺付近であっても、立止まったら安全帯を必ず使用する
  3) 安全施設(ネット、親綱、昇降設備、手摺等)の先行設置を確実に実行する
  4) 高所作業車、移動足場(ローリングタワー)簡易足場(脚立、立馬等)の使用基準を守る
  5) 法規制に適合した設備を設置する
  6) 安全帯の機能、取扱い基準、使用条件(2年以内)を尊守する

[2]不安全行動による災害の防止
  1) 安全衛生教育を充実し「近道・省略行為」防止の徹底を図る
    2) KYミーティング等で作業手順書を周知徹底とする共に作業員の健康状態を確認しその結果に基づき
     適正に作業配置する
  3) 災害防止協議会、危険作業事前検討会、打合せ等の議事内容の伝達を確実に行い尊守する
  4) 資格が必要な作業を無資格者に絶対行わない、行わせない
  5) 保護具の適正使用の徹底を図る

[3]安全衛生教育の徹底
  1) 新規入場時の送出し教育を確実に実施する
  2) 雇入れ、作業変更時の安全衛生教育を確実に実施する
  3) 各種教育、講習は計画的に実施、派遣する
  4) 災害事例等を効果的に活用して、事故の原因、問題点の分析、究明及び災害防止対策の検討を行う
  5) 協力会社への安全衛生教育等の指導及び援助を行う

社内安全月例会議の実施

 弊社は『安全を最優先に考え、人と地球に優しい企業を目指す』という企業理念の基、建設工事に伴う
『労働災害 0 』を目標に毎月社内月例会議を開催し、社員・協力会社共々に安全意識を向上させています。
image
  • image

  • image